献血センターで働くメリット・デメリット

献血センターで働くメリット・デメリット

献血センター看護師メリット・デメリット

献血センターのマスコット

 

献血センターで働く看護師さんのメリット・デメリットをまとめました。

 

献血センターに興味のある方は一度チェックしてみてください。

 

 

 

 

■献血センター看護師メリット・デメリットまとめ

 

 

★メリット★

 

1:献血センター(血液センター)は福利厚生が良い
日本赤十字社が管理しているため、良いのでは?という噂をキャッチ。年間休日数も魅力的。

 

 

2:残業・夜勤がない

 

定時で帰れることが多い模様です。反面各種手当がなくなるというデメリットもあります。
子育てや家庭の事情で忙しい看護師さんに人気の職場となっています。

 

 

3:健康的な方を相手するため、精神的ダメージが少ない

 

病棟勤務の看護師に比べると・・・負担が少ないと言われています。
病棟勤務では緊急性が高い場合が必ず発生するので、プレッシャーに弱い看護師さんにはおすすめです。

 

 

★デメリット★

 

1:病棟看護師に比べ、給料が安い

 

残業がないというメリットの反面、各種手当がないというデメリットになります。

 

>>献血センター看護師給料はコチラの記事

 

また、献血センターで勤務している看護師の離職率は「高い傾向」にあります。

 

>>献血センター看護師離職率

 

 

2:クオリティの高いサービスが求められる

 

献血センターで接する相手は「健康な方」です。
更に言うと、ボランティアで協力してくれる方ばかりです。
(中には強制的に献血を行っている人もいるでしょうが)

 

それ故に「お客様」として接しなければならないことになります。
病院の患者さんよりも質の高い接客技術が必要になってきます。

 

 

3:スキルアップがあまり望めない

 

基本的に業務内容は採血業務です。

 

>>献血センター仕事内容

 

勿論「採血スキル」「健康管理スキル」「健康コンサルスキル」は身に付くでしょう。

 

しかし、他のスキルアップは完全に異業種となるため勤務しながらでは望めません。

 

献血センターで働くメリット・デメリット関連ページ

献血センターとは?
献血センターの概要や特徴について記載しています。献血センターに就職したい看護師さんは一度見ておくこと良いでしょう。
血液センター離職率
血液センターで働く看護師の離職率について記載しています。近年問題になっている血液センターでの看護師離職問題と責務の関係性は?
仕事内容
献血センターで働く看護師の業務や仕事内容を記載しています。献血センターでの業務内容を把握しておくと、少し有利かもしれません。
給料
献血センターの看護師給与・給料の情報をまとめています。病棟に勤務している看護師の平均給料も記載しているので、ご参考までにチェックしてみてください。
向いている人
献血センターで看護師として働く上で、向いている人の条件や環境・性格などをまとめています。
血液センターの歴史
血液センターの歴史を記載されています。現在では当たり前のように広まっている「献血」ですが、実は「輸血」に起源があるようです。その辺を踏まえ、血液センターの歴史をさかのぼってみましょう。