献血センターQ&A

血液センターの歴史

献血センターの歴史

神奈川県赤十字血液センター

血液センターの歴史を振り返ってみます。

 

歴史を学ぶことで「血液センター」「輸血」「献血」への理解度が深まるかと思います。

 

もしかすると、面接時に問われることがあるかも・・・しれませんね。

 

それでは血液センターの歴史を学んでいきましょう!

 

 

 

 

1919年 近代の科学的な輸血法が日本にやってくる
1930年

浜口首相がピストルで撃たれるという事件が発生。
首相の命を救ったのが「輸血」だった。
この事件をきっかけに「輸血」が一般的に行われるようになります。

 

当時の輸血法は患者と血液提供者が隣り合うベッドに横たわり、血液採取後直ちに輸血を行うという方法でした。

 

※「枕元輸血」と呼ばれていました。現在では原則禁止(限定的許可)

1948年

東大病院で輸血による「梅毒感染」という事故が発生。
※日本国として本格的に血液事業に取り組むことになります。

1952年

日本初の血液銀行(現在の赤十字血液センター)が開業される

 

●1952年の献血者は949人
●1953年の献血者は1614人
●1958年の献血者は254人

 

※献血者の年々減少傾向にある要因は、民間の商業血液銀行が血液を買っていたためです。この行為を「売血」と呼んでいます。
※1か月に70回以上も売血をしていた人もいたそうです。

 

【売血の問題点】
血液の供給源を摂取頻度の高い売血者に頼っていたため、赤血球の少ない黄色い血しょうばかりが目立つようになった。

 

1:輸血しても効果がない
2:肝炎などの副作用が起きる

1964年

閣議で輸血用血液を献血で補うことが決定。
献血の受け入れ体制が急速に充実していくことになります。

1968年 売血由来の輸血用血液の製造が終了。
1974年 預血制度が廃止。輸血用血液が完全に献血由来に切り替わる

 

 

このようにして、現在の献血制度が確立していくことになります。

 

「売血」「血液銀行」は初めて知ったのですが、響きが怖いですね。

血液センターの歴史関連ページ

献血センターとは?
献血センターの概要や特徴について記載しています。献血センターに就職したい看護師さんは一度見ておくこと良いでしょう。
血液センター離職率
血液センターで働く看護師の離職率について記載しています。近年問題になっている血液センターでの看護師離職問題と責務の関係性は?
仕事内容
献血センターで働く看護師の業務や仕事内容を記載しています。献血センターでの業務内容を把握しておくと、少し有利かもしれません。
良い点・悪い点
献血センターで看護師として働く上でのメリットやデメリットをまとめています。献血センターに興味のある方はチェックしてみてください。
給料
献血センターの看護師給与・給料の情報をまとめています。病棟に勤務している看護師の平均給料も記載しているので、ご参考までにチェックしてみてください。
向いている人
献血センターで看護師として働く上で、向いている人の条件や環境・性格などをまとめています。