血液センター離職率

血液センター離職率

血液センターの離職率と責務内容

血液センターの離職率について記載しています。
※三重大学の紀要論文より引用しています。
※別ページにて離職の要因と対策について記載したいと思います。

 

【血液センターの現状と離職率】

 

近年、血液センターでは看護師の離職が問題視されており、看護師の確保に苦慮している状況にある。

 

血液センターにおける看護師の離職率は平成18年度で12.6%、平成19年度には15.8%に上昇しています。
※東海圏内の血液センターでの離職率になります。

 

「業務に慣れた看護師の離職により、残された看護師の業務負担が増加し、更なる離職を招いてしまう可能性があります。」

 

【仮説】
また、職務経験の多さは看護師業務のクオリティを高めることにも役立つため、血液センターへの看護師定着に向けた働きかけが必要であるのではないだろうか。

 

 

【血液センターで働く看護師の責務】

 

血液センターでの日常業務は、献血者に対する採血や健康状態の観察などがあり、看護師としての役割を必要とする職場の一つである。

 

血液センターにおける看護師は必要不可欠な職種であると言えます。

 

血液センターは、輸血を必要としている患者さんのために献血を実施し血液を受け入れています。

 

献血で受け取った血液を「安全かつ円滑」に供給しなければなりません。

 

また、その血液を供給し「治療に役立てる」という重要かつ貴重な責務を有しています。

 

この重要な責務を果たすためには、業務を安全かつ迅速に遂行できる能力を有する看護師の育成が必須です。

 

また業務を遂行できる能力を有する看護師が血液センターに定着することが不可欠であります。

 

 

血液センター離職率関連ページ

献血センターとは?
献血センターの概要や特徴について記載しています。献血センターに就職したい看護師さんは一度見ておくこと良いでしょう。
仕事内容
献血センターで働く看護師の業務や仕事内容を記載しています。献血センターでの業務内容を把握しておくと、少し有利かもしれません。
良い点・悪い点
献血センターで看護師として働く上でのメリットやデメリットをまとめています。献血センターに興味のある方はチェックしてみてください。
給料
献血センターの看護師給与・給料の情報をまとめています。病棟に勤務している看護師の平均給料も記載しているので、ご参考までにチェックしてみてください。
向いている人
献血センターで看護師として働く上で、向いている人の条件や環境・性格などをまとめています。
血液センターの歴史
血液センターの歴史を記載されています。現在では当たり前のように広まっている「献血」ですが、実は「輸血」に起源があるようです。その辺を踏まえ、血液センターの歴史をさかのぼってみましょう。