献血のメリット

献血のメリット

献血を行うメリットは?!

献血のメリットについて考えてみました。

献血センターのマスコット

 

この献血については良く言えば「無償の善意」と言われがちです。ですが、

 

考え方一つでこの献血は良し悪しにもなるものなのです。私は、勤務が合えば献血に出来る限り行くようにはしています。

 

「何故?」と思う方もいるかもしれません。

 

答えは「その人の気持ち一つ」ではないでしょうか。

 

「人の役にたちたい」と気持ちが無ければ出来ないと思います。協力が必要不可欠です。

 

医療は優れていますが、様々な場面において協力しなければ助けられない命もあります。
私自身、献血のメリットは何だろう?と考えのですがキリがありませんでした。

 

私だけかもしれませんが、自己満足の一種に捉えることもできます。
一時は私も献血をしない時期があったのですが、気持ちが「血を抜かなければ」というような感覚にもなるものです。
献血を行うと粗品を頂ける場合が多いのですが、メリットに挙げるには不十分かと思います。
結局は「その人の気持ち次第」だからです。

 

献血は今後も続けていこうと思っています。

献血のメリット関連ページ

献血の条件
献血ができる条件を記載しています。誰しもが献血できるわけではありません。事前に献血が可能かどうか確認しておきましょう。
血液検査の項目
献血されたあとの血液はどのような項目で検査を行われているのでしょうか。血液検査の項目を記載しています。
献血の結果
献血を行ったあと、血液検査の結果が郵送されてきます。どのような形でおくられどのような項目について知ることができるのでしょうか。血液検査の結果に注目です!
献血で病気は分かる?
献血の際には非常に厳密な検査が行われます。また希望される方には限定的に異常を調べてくれます。しかしあくまでも献血の目的は血液提供です。検査目的での献血は実施しないでください。